川崎の葬儀・葬式・家族葬専門家【お葬式110番】代表コラム

川崎の葬儀・葬式・家族葬の専門家『お葬式110番』代表コラムではお葬式・葬儀のお悩みやご相談、法要への準備の仕方など、葬祭に関する豆知識や体験談などをせきららに綴っております。よくいただくご質問へのお答えもコラム内で綴っておりますので是非ご覧ください。

川崎 被災者

川崎 被災者

川崎では台風19号による被害で、死亡者も出ました。
他人事だと思っていた私たちに、高津区中原区一部が悲惨な状態になりました。
私も高津区のその中に入ってしまったのです。見る見るうちに水が上がってきました

まず、車を急いで移動しました。
14:30 車移動 タイヤの半分まで水が来てました
15:30 玄関に水が入ってきました
急いで実家に避難

雨はこの後強くなるとのこと
21:00 風が上がってきました。
22:30 雨はやみました。心配で家を見に行きました。
      そこには、すさまじい光景が
      
      100メートル先から水があふれていて、とても近くまで行けない状態でした。元気な友達が家の様子を見に行ってくれました。
      もちろん、泳いでです。
      なかなか戻ってこないので心配していると、タイヤを担いで水から上がってくる友達・・・。タイヤがみんな流されて探しに行ってくれたそうです。
      家は、玄関の扉の上まで要っていました。
      最悪です。
      あふれた水は、油が浮いています。
      23:30 水が引き始めました。
      30分で30センチも下がっていきます
      一体どこからきて、どこへ流れていくんだろう
      次の日から、なおすさまじい光景を見ることになりました。
      
      被災した人は、そのあと迄大変なんだと思いました。
      泥だらけの家を、シャワーで洗剤で洗っちゃいました
      床下が最悪。水はお風呂の水を吸い上げるやつで抜きましたが、泥は残ります
      その泥に菌がまじっていて、強烈にのどをやります。
      子供は喘息になるのでいられません
      実家に避難しましたが、母が疲れで倒れました。
      私の子供が3人の子供を産み、3歳1歳0歳で、母は疲れたんだと思います
      本当に出ていってほしい…そんな非難の目
      戻るところがないのに、なんでこんなつらい目に合うのか
      不憫でなりません
      被害にあったたくさんの方、
      被害にあった人しかわからないつらさ
      頑張っているから、がんばってなんて軽くも言えない
      
      負けないで・・・それしか言えません